人・かお・トーク

「回想」について研究する大学院生 大矢佐宜子さん /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大矢佐宜子さん
大矢佐宜子さん

気分や精神的健康に影響 大矢佐宜子さん(24)

 --心理学に興味を持ったきっかけは。

 ◆元々、人前で話すのが苦手で、オドオドする自分が嫌でした。「性格を直せないか」と思い、大学で心理学を学び始めました。

 大学では、「朗読と音読が気分状態に与える影響」を研究しました。声に出すことが、うつや緊張状態を和らげる効果があることが分かりました。

 大学院でも引き続き、心理学を勉強したいと思いました。臨床心理士養成大学院であることと、母の実家がある甲府市にキャンパスを構えていることから、山梨英和大を受験しました。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1180文字)

あわせて読みたい

注目の特集