メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

会場見直し、4者トップ級会合 知事意向反映されず 整備費削減に評価も

 29日に開催された2020年東京五輪・パラリンピックの3競技会場見直しなどを議論する国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、大会組織委員会、政府の4者のトップ級会合では、東京都の小池百合子知事が「復興五輪」の象徴とも位置付けたボート、カヌー・スプリント会場の「長沼ボート場」(宮城県登米市)への移転は見送られた。肝煎りの案を断念したことで、小池知事はバレーボール会場の移転に活路を見いだそうとしているが、思惑に沿った結論が得られるかは見通せない状況だ。

 「できない理由を集めるのは簡単。最後までできる理由を追求したい」。小池知事は会合後、報道陣に硬い表情で答えた。

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです