メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

休めばいいのに=中村秀明

 <sui-setsu>

 今年の正月、三越伊勢丹は首都圏の大半の店で3日から営業を始め、「初売りは2日」を改めた。

 売り上げ低下や客の反応を気にしながらの決断だが、業績への影響はなく苦情もなかった。従業員や出店企業の社員は喜び、「気分を一新して初売りの日を迎えた」などの声があったという。

 来年の正月も日本橋本店と多摩センター店を除く9店が3日初売りだ。新たに札幌や名古屋など経営母体の異なる店の一部も2日間休む。

 わずか1日とはいえ、年の始まりの日である。こぎつけるのに5年かかった。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです