メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 実物大施設使い、廃炉作業を確認 福島・楢葉

「原子炉建屋1階」を想定した現場から、下部の「圧力抑制室」周辺へモルタルを流し込む手順を確認する作業員=福島県楢葉町の楢葉遠隔技術研究センターで29日

 国際廃炉研究開発機構は29日、東京電力福島第1原発の廃炉に向け、楢葉遠隔技術開発センター(福島県楢葉町)で実物大の模擬施設を使った作業を報道陣に公開した。来夏まで作業を続け、1~3号機の核燃料(燃料デブリ)を取り出すための技術開発に活用する。

 作業は、原子炉格納容器にある「圧力抑制室」の一部を再現…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです