メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/下 トップ主導で削減成功

ノー残業を徹底するようになり、出産する社員も増えたというランクアップ。正面が岩崎社長=東京都中央区で

 長時間労働をやめるのは難しいが、業績を伸ばしながら労働時間の削減に成功したケースもある。連載の最終回は、先行企業の取り組み事例から解決策を探りたい。

 ●上司も連帯責任

 「ぜひ、ご家族の皆様におかれましても、記念日やお子様の学校行事等の際に、積極的に有給休暇を活用されるようお声がけください」

 IT企業SCSKで2013年3月、社員の家族宛てに中井戸信英社長(当時)から4枚の手紙が届けられた。SCSKは翌月から「健康経営」を掲げ、月平均の残業時間20時間▽有給休暇を100%20日間取得--を目標に働き方改革に取り組んでいる。深夜勤務が当たり前だったが、昨年度の平均残業時間は月18時間まで減った。

 24時間365日システムが稼働しているIT業界は、長時間労働が常態化している。「残業を減らそう」という中井戸さんの提案に、人事の担当者は当初「無理だ」と反対したという。小林良成・人事企画部長は「それまでも36協定を守るよう呼びかけ、週1回ノー残業デーを実施してきたが効果がなかった。できるわけないと思った」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 「感染拡大なら一斉休校を」専門家会議が検討要請 新型コロナ、3地域に区分

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 北九州市で21人の感染確認 新小文字病院のスタッフ17人陽性、外来など停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです