メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうする?長時間労働

/下 トップ主導で削減成功

ノー残業を徹底するようになり、出産する社員も増えたというランクアップ。正面が岩崎社長=東京都中央区で

 長時間労働をやめるのは難しいが、業績を伸ばしながら労働時間の削減に成功したケースもある。連載の最終回は、先行企業の取り組み事例から解決策を探りたい。

 ●上司も連帯責任

 「ぜひ、ご家族の皆様におかれましても、記念日やお子様の学校行事等の際に、積極的に有給休暇を活用されるようお声がけください」

 IT企業SCSKで2013年3月、社員の家族宛てに中井戸信英社長(当時)から4枚の手紙が届けられた。SCSKは翌月から「健康経営」を掲げ、月平均の残業時間20時間▽有給休暇を100%20日間取得--を目標に働き方改革に取り組んでいる。深夜勤務が当たり前だったが、昨年度の平均残業時間は月18時間まで減った。

 24時間365日システムが稼働しているIT業界は、長時間労働が常態化している。「残業を減らそう」と…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1908文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです