メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/下 トップ主導で削減成功 白河桃子・相模女子大客員教授 働き方改革実現会議民間議員

 長時間労働は未婚や少子化の要因になっている。企業へのアンケート調査では、政府による労働時間抑制の旗振りを求めている企業が9割に上るという結果が出た。労働時間の上限規制は先進国では「健康を守る」ために当然のこと。日本と国民性が似ていると言われるドイツでは、1日10時間を超えて労働者を働かせた場合、管理職が罰金を払うこともある。労働時間に制限があれば…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです