メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/下 トップ主導で削減成功 白河桃子・相模女子大客員教授 働き方改革実現会議民間議員

上限規制へ世論形成を

 長時間労働は未婚や少子化の要因になっている。企業へのアンケート調査では、政府による労働時間抑制の旗振りを求めている企業が9割に上るという結果が出た。労働時間の上限規制は先進国では「健康を守る」ために当然のこと。日本と国民性が似ていると言われるドイツでは、1日10時間を超えて労働者を働かせた場合、管理職が罰金を払うこともある。労…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです