国立がんセンター

AI活用、がん最適治療…5年後を目標

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国立がん研究センターと産業技術総合研究所などは29日、人工知能(AI)技術を使って、がんの症状に応じた最適な医療を患者ごとに提供できるシステムの開発に乗り出すと発表した。膨大な過去の患者の治療データを幅広く分析し、正確ながんの診断や、治療法の選択の提示ができるようにしたいという。3億8000万円の事業費で、5年後の実用化を目標とする。

 同センターには、診察した患者の血液検査結果やコンピューター断層撮影(CT)による画像診断情報など、多くのデータがある。これをAIが読み取れるよう統合し、自ら学習を深めていくAI技術の一つ「深層学習(ディープラーニング)」によって解析。治療法の選択などに活用する。開発には民間企業「プリファード・ネットワークス」(東京)も参加する。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集