メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア人

「日本語学びたい」難民不認定、支援の手届かず

「仕事が見つからず悔しい。日本語の習得を支援してほしい」と話すシリア難民のジャムールさん=都内で賀川智子撮影

 内戦の続くシリアから日本に逃れたものの難民認定されず、「在留特別許可」を得て暮らすシリア人男性が「仕事を得るために日本語教育を受けたい」と支援を求めている。日本語習得や就業に関する公的支援は難民認定者だけに認められており、在留特別許可のシリア人たちは住居や職探しで厳しい立場に立たされている。【賀川智子】

 シリア北部のアレッポで自動車修理工として家族と暮らしていたマハムド・ムスタファ・ジャムールさん(3…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文898文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. 「10連休」好調も前後で外出控え 五島は世界文化遺産登録で大幅増 県の4~6月の観光動向調査 /長崎

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです