鳥インフル

新潟・上越の養鶏場でも疑い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新潟県は30日、同県上越市の養鶏場で飼育している採卵用の鶏6羽から、簡易検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県は、この養鶏場を含む半径10キロ以内の養鶏場などに、鶏などの移動の自粛を求めた。養鶏場では約23万羽を飼育しており、遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスが検出されれば…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

ニュース特集