朴大統領辞意

前駐日韓国大使「混乱避けるための前進だ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 朴槿恵大統領の任期満了前の辞任表明について与党セヌリ党の常任顧問で、前駐日韓国大使の柳興洙(ユ・フンス)氏は29日、毎日新聞の電話取材に「過渡的な内閣を発足させ、大統領選挙を準備できる。混乱を避けるための前進だ」と評価した。

 朴大統領の退陣を巡っては、国会議長経験者ら与野党の政界重鎮20人が27日にソウルで会合を開き、準備期間を確保して来年4月までの退陣を要求しており、柳氏も会合に参加した一人。「毎…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

ニュース特集