鳥インフル

出水ツル、高病原性13羽に 過去最多

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 環境省と鹿児島県は29日、国内最大のツルの越冬地、出水(いずみ)平野(同県出水市)のツル5羽からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。越冬ヅルからの高病原性ウイルス検出は今季13羽に上り、過去最多となっている。

 環境省によると、今回確認した5羽は、22~24日に死体で回…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

あわせて読みたい

ニュース特集