メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

ボートと水泳会場決定 バレー結論は先送り

 2020年東京五輪・パラリンピックの3競技会場見直しを議論する国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、大会組織委員会、政府の4者のトップ級会合が29日、都内で開かれ、ボートとカヌー・スプリントが「海の森水上競技場」(東京湾岸)、水泳が「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)に当初計画通り決まった。バレーボールは結論を先送りし、「有明アリーナ」(江東区)と「横浜アリーナ」(横浜市)で議論を継続する。小池百合子知事は「クリスマスまでに結論を出したい」と述べた。

 会合にはIOCのコーツ副会長、小池知事、組織委の森喜朗会長、丸川珠代五輪担当相が出席。冒頭で小池知事が3競技会場について都案を提示した。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです