東京五輪

ボートと水泳会場決定 バレー結論は先送り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックの3競技会場見直しを議論する国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、大会組織委員会、政府の4者のトップ級会合が29日、都内で開かれ、ボートとカヌー・スプリントが「海の森水上競技場」(東京湾岸)、水泳が「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)に当初計画通り決まった。バレーボールは結論を先送りし、「有明アリーナ」(江東区)と「横浜アリーナ」(横浜市)で議論を継続する。小池百合子知事は「クリスマスまでに結論を出したい」と述べた。

 会合にはIOCのコーツ副会長、小池知事、組織委の森喜朗会長、丸川珠代五輪担当相が出席。冒頭で小池知事が3競技会場について都案を提示した。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文643文字)

あわせて読みたい

注目の特集