メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「はれのひ」社長 詐欺容疑で逮捕
東京 和のたくみ

(9)藍染め職人――高橋利至さん 伝統の「火消し半纏」 分かる人にしか分からない「しゃれっ気」

 住宅街を歩くと、古色蒼然(そうぜん)とした看板が突然、目に飛び込んでくる。江戸時代末期から、この地で藍染めの工場を営む紺屋の「高橋染工場(せんこうじょう)」(東京都大田区池上)だ。店の裏手には当時からの藍甕(あいがめ)が首まで砂に埋まり、口を開けている。「藍は機嫌がいいと、香りが強くなるんです」と、当主の高橋利至(としゆき)さん(55)。子供のころ、遊びに来た友達には「変なにおい」と言われたが、藍とともに育った高橋さんには、香りがあるのが日常だ。

 甕をかき混ぜると、ぶくぶくと音がして、底から泡が立ち上ってくる。表面に浮いたまま、すぐには消えない…

この記事は有料記事です。

残り2249文字(全文2525文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]