メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

マダム・フローレンス! 夢見るふたり

真心あるウソつき演じ、ヒュー・グラントが開花

 歌の下手な女性が、カーネギーホールでリサイタル。邦題が邦題だし、あ、心温まる映画だろうな、心を温めたいときにはいい映画なんだろうな、なんて予断を抱えて観(み)たんですが、これが面白い。どうして面白いのか考え込んでしまいました。

 まず、筋書きを少々。1940年代、第二次世界大戦さなかのニューヨークに、音楽の好きな女性がおりました。名前は、フローレンス・フォスター・ジェンキンス。とってもお金持ちで、住むところはニューヨークの高級アパート。夫はやさしく、友だちもたくさん、何不自由ない暮らしですが、ひとつ欠点があった。思いっきり歌が下手なのに、自分が上手だと思ってるんです。

 夫も友だちも下手だといわないので、すっかり歌に自信をつけたフローレンスはエスカレート。友だちが相手…

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1667文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです