メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

市川春猿 新派への思い結実 河合雪之丞に改名し、来年正月移籍

=小出洋平撮影

 美しく、セリフの切れがいい女形である。来年正月の東京・三越劇場「初春新派公演 華岡青洲の妻」(有吉佐和子作)で歌舞伎界から劇団新派に移籍し、名も河合雪之丞(ゆきのじょう)と改める。

 幼いころから芝居が好きで、国立劇場の歌舞伎俳優研修修了後の1988年に、憧れていた三代目市川猿之助(現・市川猿翁)門下となった。

 90年に、三代目猿之助一門の若手による「雪之丞変化2001年」で大役のお初をつとめるなど、早くから頭角を現し、2006年7月には歌舞伎座の「七月大歌舞伎」で「夜叉ケ池(やしゃがいけ)」の主役、百合と白雪姫を演じた。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです