メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

許さない

性暴力の現場で/2 性的少数者 「私は女性」に職場鈍く /群馬

現行では強姦罪の被害者は「十三歳以上の女子」と規定されている。法改正では「十三歳以上の者」などと変更される見込みだ

 「おい、触らせろよ」。2013年、関東地方のある電機部品工場の男性更衣室。仕事が終わった従業員のカオルさん(34)=仮名=は、同僚の男性から強い口調で迫られた。しぶしぶ、作業着の上から胸を触らせた。数カ月前から女性ホルモンを投与し、体つきが変わってきている。その感触に相手は目を丸くし、慌てて手を引っ込めた。またか……。家路に就く足取りは重かった。

 カオルさんの戸籍上の性は男だ。だが、物心ついた時から違和感があった。中学時代は、学校に先輩のお古のセーラー服を着ていったこともある。クラスメートは「似合うね」と喜んでくれたが、教師からは怒られた。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです