メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

上越でも 「経営打撃間違いない」 養鶏業者、卸関係者ら嘆き /新潟

関係者が出入りする上越市の養鶏場=同市柿崎区上下浜で

 上越市の養鶏場で30日、新たに鳥インフルエンザに感染した疑いのある採卵用の鶏が見つかった。県内では、関川村の養鶏場で採卵用の鶏が高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いが濃厚となったばかり。県や関係者には衝撃が広がると共に、対応に追われている。【柳沢亮、後藤結有】

 上越市の養鶏場では同日午後、県の職員ら関係者が慌ただしく出入りしていた。周辺には警察車両が待機し、道路を封鎖するコーンが置かれるなど、物々しい雰囲気に包まれた。

 県は同日午後7時から対策本部会議を開催。県では、遺伝子検査の結果を待たずに約23万羽を殺処分する方…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです