メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市、規制条例案を提案へ 罰則も検討

 大阪市は30日、古紙などの資源ごみを無断で持ち去る業者を規制する条例案を、来年2月議会に提案する方針を明らかにした。罰則を設けることも検討するという。

     市家庭ごみ減量課によると、規制対象は古紙と衣類を検討。市は資源ごみを分別収集する一方、2014年から小学校区単位のNPOなどでつくる「地域活動協議会」が契約業者に回収してもらい、売却益の一部を協議会に還元してもらう仕組みを始めた。

     この方式は20カ所で採用されているが、無断の持ち去りが相次いでいるという。この日の市議会本会議で、吉村洋文市長は「地域活動の財源確保に役立つ重要な施策だ」と述べ、規制の必要性を強調した。

     ただ、路上生活者らの自立手段を奪う可能性があるとして、空き缶などは今回の規制の対象にしないという。【岡崎大輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 与謝野馨さん78歳=元官房長官、元財務相
    2. 水崎綾女、カンヌから世界へ 遅咲き28歳「実感湧かない」 (スポニチ)
    3. 亀田製菓 せんべいに金属片、食べた女児が口内をけが
    4. 渋谷暴動事件 大坂容疑者の逃走支援…逮捕の50代活動家
    5. 安田猛さん がん闘病、母校小倉高を指導…元ヤクルト左腕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]