虚偽投稿訴訟

「阪神Vで単位」はウソ 阪大生に賠償命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「阪神タイガースが優勝したら講義の単位をくれる」という虚偽の情報を学生にツイッターで投稿され、精神的苦痛を受けたとして、大阪大外国語学部の男性教授が同大の学生に200万円の慰謝料を求めた訴訟の判決が30日、大阪地裁であった。宮崎朋紀裁判官は投稿内容を虚偽と認め、学生に30万円の支払いを命じた。

 判決によると、2014年4月、新年度の初講義に臨んだ教授は成績評価…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集