高知・須崎市

しんじょう君の商標出願、民間に先越された

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「ゆるキャラグランプリ2016」で頂点に立った高知県須崎市のご当地キャラクター「しんじょう君」を含む商品の商標登録を、民間業者が出願していたことが分かった。結果的に認められなかったが、今後「しんじょう君」が登録されれば、現在無料で認めているキャラクター使用が制限されるリスクがあり、市は商標登録を緊急に出願した。無名時代には費用対効果を考慮し登録に慎重だったが、人気が出て方針転換した。

 しんじょう君は、須崎市で国内最後に目撃されたニホンカワウソをモチーフにして2002年に生まれたが、長く無名だった。しかし13年にデザインを変え、ここ4年は連続してグランプリの上位に入っている。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文931文字)

あわせて読みたい

注目の特集