肺がん患者会

受動喫煙にSSAK PPAPパロディ動画

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 肺がん患者や家族らでつくる日本肺がん患者連絡会(横浜市)は30日、世界中で爆発的な人気となっているピコ太郎さんの楽曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」に乗って、受動喫煙防止を訴える啓発動画を同会のサイト(http://www.renrakukaigi.net/r-index.html)で公開した。

 啓発動画の決め言葉は「PPAP」をもじった「SSAK(ストップストップあかん煙)」。会のメンバーがPPAPの音楽で踊りながら替え歌を歌い、「STOP!受動喫煙」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集