連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

続報真相 「土人発言」をかばう、この国の空気とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官(右上)と鶴保庸介沖縄・北方担当相(左上)。米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)に配備が進む新型輸送機オスプレイ(中央)と、ヘリパッド建設に抗議する市民(右下)と整列して壁を作る機動隊員=沖縄県東村高江で10月27日 コラージュ・平山義孝
菅義偉官房長官(右上)と鶴保庸介沖縄・北方担当相(左上)。米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)に配備が進む新型輸送機オスプレイ(中央)と、ヘリパッド建設に抗議する市民(右下)と整列して壁を作る機動隊員=沖縄県東村高江で10月27日 コラージュ・平山義孝

 暴言の背後に差別意識があったと認めることが、そんなに難しいことなのか--。沖縄の米軍施設工事に反対する市民に、現地派遣された大阪府警の警察官が「ぼけ、土人が」と罵倒したことに対する安倍晋三政権の対応のことだ。閣僚や政府答弁は「差別と断定できない」と繰り返す。どこか差別を容認するかのような空気ではないか。この社会の深層に何があるのだろう。【吉井理記】

この記事は有料記事です。

残り3820文字(全文3996文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集