メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

アズミ・ハルコは行方不明 若い世代の感性発露

 この映画は目を凝らして鑑賞しないといけない。三つの若い世代の女性たちが描かれるのだが、それぞれの時系列が複雑に入り乱れて、見る者を惑わせる。

 舞台はとある地方都市。地元の会社に勤めるアラサーの安曇春子(あずみはるこ)(蒼井優)、成人式を迎えたばかりのアクセサリーショップ店員の愛菜(高畑充希)、夜な夜な男たちを襲う女子高生集団(リーダー・花影香音)--の3世代がパラレルに描かれる。

 春子は薄給で、社長や専務のセクハラを受けながら働く。男たちの「35すぎたら女の人はおしまいだね」と…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです