メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防火干支の引き継ぎ式

さるさんから、とりさんへ 尼崎 /兵庫

「防火干支の引き継ぎ式」を行う園児らと消防局職員=兵庫県尼崎市昭和通2の市防災センターで、山本未来撮影

 年末年始を控え、尼崎市消防局は1日、市防災センター(尼崎市昭和通2)で七松(ななつまつ)幼稚園(亀山秀郎園長)の園児ら126人と「防火干支(えと)の引き継ぎ式」を行った。

 年末に向けて火災予防の呼びかけと園児らの防災意識向上を目的に、1981年から続く恒例行事で、今年で36回目。園児らは手作りの猿…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  4. 埼玉県、10万円給付は6月内に 「照合は全て手作業」職員は忙殺

  5. 潮干狩り、やっとシーズン コロナで開場遅れの兵庫・新舞子浜に家族連れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです