メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農業改革を問う

二極分化を懸念 資源・食糧問題研究所 柴田明夫代表

柴田明夫代表

 政府が決定した農業改革プランは理路整然とはしているが、「全体を見ていない」という意味で間違っている気がしてならない。改革が進めば、農業が強くなる部分と弱ってくる部分が二極分化していくのではないか。農業も合理化し、生産性を上げる部分があっていい。しかしそれを一般化してしまうと、合理化できない農家は「市場競争に負けた」として切り捨てられかねない。日本の農業は多様な担い手がいて、そのことが国土の保全に役立っていることを忘れてはならない。

 今回の改革の議論では、農産物の販売や生産資材の供給などを担う全国農業協同組合連合会(JA全農)に焦…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです