メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

選挙中のトランプ氏は忘れた方がいい?=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 韓国の政争を見ていると、いつもながら「情念」とか「怨念(おんねん)」といった言葉が浮かぶ。高度成長を実現し、ITの利用でも、ドラスティックな政策を実現した韓国だが、歴代大統領の政権末期から、とらわれの身となるに至る歴史が繰り返されている。「不正をただす」機能が働いているのだと評価をすべきなのだろうが、連日30万人近くの抗議デモ、朴大統領の任期前退陣の表明という流れを見ていると、逆に暴言を繰り返し、不満や不安だけをすくい取って勝利したトランプ氏に、ある種の明るさすら感じる。トランプ氏の政策がどのようなものになるかは、世界中が危惧をしていたのだが、このところの動きをみてい…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです