パナソニック

タングステンで印鑑や手袋開発 加工技術応用

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
パナソニックが開発したタングステンを用いた印鑑=大阪市北区で2016年12月1日、久野洋撮影
パナソニックが開発したタングステンを用いた印鑑=大阪市北区で2016年12月1日、久野洋撮影

 パナソニックは1日、希少金属であるタングステンを用い、印鑑や刃物でも切れない手袋を開発したと発表した。

 タングステンは蛍光灯などのフィラメントに用いてきたが、LED(発光ダイオード)照明が増えてきたため、これまで培った加工技術を応用し、新たな商品を開発している。

 タングステンは硬く重い特徴がある。同社は長年、粉末…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

あわせて読みたい

注目の特集