メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか北方領土

表現抑え、東京・銀座でデモ 首脳会談前に

シュプレヒコールを上げる高橋はるみ知事(先頭・中央)ら=東京・銀座で1日、本間浩昭撮影

 北方領土問題の早期解決を訴える元島民らのデモ行進が1日、東京・銀座で行われ、約500人がシュプレヒコールを上げながら約2キロを練り歩いた。例年は「北方領土を返せ」と4島返還をストレートに訴えてきたが、今年は15、16両日に日露首脳会談が控えていることから、「会談を成功させよう」「平和条約を締結し、日露新時代を築こう」などと表現を抑えた。

 北海道根室町(現根室市)の安藤石典(いしすけ)町長が1945年12月1日、連合国軍総司令部(GHQ…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです