メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

防護服や資材が不足…新潟・殺処分開始

 新潟県上越市の養鶏場で飼育している採卵用の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県内では同市から約150キロ北東に位置する関川村の養鶏場でも約31万羽の殺処分を進めているため、処分の際に使う防護服や容器などの資材が不足し、関係者は頭を悩ませている。

 県は11月30日夜、遺伝子検査で毒性の強いH5型のウイルスが検出されたと発表。上越市では、1日午後6時までに1万3120羽の処分を終えたが、備蓄していた防護服や長靴などを関川村に提供したばかりで、「資材はゼロベースに近い状…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです