庵野監督

経営の「カラー」が古巣「ガイナックス」を提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
庵野秀明氏=東京都渋谷区のラフォーレミュージアム原宿で2016年11月22日、村田由紀子撮影
庵野秀明氏=東京都渋谷区のラフォーレミュージアム原宿で2016年11月22日、村田由紀子撮影

 大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や映画「シン・ゴジラ」で監督を務める庵野(あんの)秀明氏が経営するアニメ制作会社「カラー」(東京都杉並区)が、かつて庵野氏が在籍し、エヴァンゲリオンなどの制作に関わったアニメ制作会社「ガイナックス」(武蔵野市)に対し、借入金約1億円の支払いを求める訴訟を東京地裁立川支部に起こしていたことが分かった。ガイナックスの経営難に伴う資金繰り悪化が背景とみられる。

 ガイナックスの山賀博之社長と庵野氏は大学時代からの友人。1984年の同社設立には庵野氏も関わり、2007年の退社後も協力関係が続いていた。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文629文字)

あわせて読みたい

注目の特集