メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SACO合意

「基地なき沖縄」いつ?…2日で20年

周囲に住宅が密集する米軍普天間飛行場。返還合意から20年がたっても閉鎖が実現していない=沖縄県宜野湾市で2015年3月11日、本社ヘリから須賀川理撮影

 普天間飛行場など在沖縄米軍基地11施設の返還について日米特別行動委員会(SACO)が最終報告で合意してから2日で20年となる。県内移設が条件となって多くの計画は停滞し、全面返還が実現したのは5施設のみ。政府が「本土復帰後、最大」(安倍晋三首相)とアピールし、22日に予定される北部訓練場の半分(約3987ヘクタール)が返還されても、沖縄に集中する在日米軍専用施設の割合は約74%から約71%になるだけで、過重負担の構図は変わらない。【佐藤敬一】

 SACO最終報告で合意した基地面積計5002ヘクタールのうち返還されたのは計454ヘクタールにとどまる。人口密集地にあり、土地返還によって高い経済効果が期待される普天間飛行場(宜野湾市)や那覇港湾施設(那覇軍港、那覇市)は全く動いていない。普天間飛行場は名護市辺野古へ、那覇軍港は浦添市への県内移設が条件となり、反発の声が強いためだ。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです