メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

見守りロボ 障害者にも便利 /東京

 パソコンやスマートフォンがなくても、家の中から外出先の家族とインターネットを介して声のメッセージのやりとりができるコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」。留守番中の子どもや、離れて暮らす高齢者の見守りなどを想定した製品だが、声を変換してスマートフォンに文字で表示する機能もあり、視覚、聴覚障害者も日常生活で活用できそうだ。

 家電製品を遠隔操作するIoT技術やロボットの開発を手掛けるベンチャー企業「ユカイ工学」が昨年発売。…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです