共産

カジノ法案批判「賭博は持統天皇以来禁止」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「あなた方は天皇が決めたことを破るんですか」--。共産党の清水忠史衆院議員は2日、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)を審議した衆院内閣委員会で「とばく禁止は持統天皇以来、689年のすごろく禁止令に始まる。近代法にも受け継がれている」と指摘して自民党を批判した。

 共産党の綱領は天皇制に否定的だが、憲法…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文255文字)

あわせて読みたい

ニュース特集