カジノ法案

課題山積 衆院委可決、審議6時間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カジノ法案の主な争点
カジノ法案の主な争点

 「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)は2日の衆院内閣委員会で自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決され、今国会で成立する公算が大きくなった。自民党は6日に衆院を通過させ、早ければ9日の参院本会議で可決・成立させる考えだ。一方、民進党は採決の強行に抗議し、共産党は反対。自主投票とした公明党は委員の賛否が分かれた。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文947文字)

あわせて読みたい

注目の特集