メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日小学生新聞から

村治佳織さん 優しく寄りそうギターの音色

[PR]

 世界せかい舞台ぶたい活躍かつやくするギタリストの村治佳織むらじかおりさんが、5ねんぶりに新作しんさくアルバム「ラプソディー・ジャパン」を発表はっぴょうしました。「さくら」や「はなく」など、みなさんにもおなじみのきょく演奏えんそうしています。村治むらじさんに、ギターの音色ねいろ魅力みりょくや、アルバムにめたおもいをきました。【斎藤広子さいとうひろこ

 ☆最初さいしょにギターをいたのはいつですか。

 ★記憶きおくにないくらいちいさいころです。1さいになるまえから、いえにあったギターをおもちゃのようにさわっていました。

 ☆毎日まいにち練習れんしゅうがいやだとおもったことはないですか。

 ★やめるとはおもったことがないですが、「テレビをたいのに」とおもうことはありました。けれど、上達じょうたつのためには練習れんしゅうしなきゃいけないことも納得なっとくしていました。ほめられるとうれしいし、できないことができるようになるとうれしい。だから、つづけられたとおもいます。

 ☆ギターの演奏家えんそうかになってよかったとおもうことはなんですか。

 ★たび身近みぢかになったことですね。いろいろな土地とちって、ひとったり、べたり、たりしてたのしくなって。

 ☆ギターの音色ねいろ魅力みりょくとは。

 ★ゆびくので、音色ねいろ変化へんかをつけやすいんですね。ギターの音色ねいろやメロディーにはりそってくれるやさしさがあります。

 ☆アルバム「ラプソディー・ジャパン」には、どのようなおもいがめられているのですか。

 ★もとになったのは、今年ことしがつ出演しゅつえんした東日本大震災ひがしにほんだいしんさい被災者ひさいしゃのためのチャリティーコンサートです。ふるさとにめないひと、ふるさとを大切たいせつおもひと想像そうぞうしてきょくえらびました。おと世界せかいたびすることで、また日常にちじょうかえったときになにちがちからてくればいいな、と。

 ☆どもにもなじみのふかきょく演奏えんそうされていますね。どんなふうにたのしんでほしいですか。

 ★かた正解せいかいはありません。歌詞かしがあるとイメージが限定げんていされますが、メロディーだけをくうちに、歌詞かしにはない情景じょうけいかんでくるかもしれない。それはそれでOKなんですよ。

 ☆楽器がっき演奏えんそうをがんばっているどもたちへメッセージをおねがいします。

 ★だれかと一緒いっしょたのしみを意識いしきすると、音楽おんがくたのしくなってくるんじゃないかな。みなみアメリカにあるベネズエラの「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ」のメンバーと共演きょうえんしたことがあります。そこではまずしい地域ちいきまれたどもたちが楽器がっきあたえられて、がんばっています。「自分じぶんたちは最初さいしょからアンサンブルのたのしみをかんじていた」とはなしていました。ほか楽器がっきをやっている仲間なかまつけて一緒いっしょ演奏えんそうしてください。言葉ことばだけでは表現ひょうげんできないことが、おとだとスムーズにつたえられるときもありますから。

プロフィル◇

 東京都出身とうきょうとしゅっしん。ギター教室きょうしつひら父親ちちおやと、教員きょういん母親ははおや長女ちょうじょとしてまれる。1989ねんにジュニア・ギターコンテストで最優秀賞さいゆうしゅうしょう受賞じゅしょうするなど数々かずかずのコンクールで優勝ゆうしょう。93ねんに15さいでCDデビューし、高校こうこう卒業そつぎょうするとフランス・パリのエコール・ノルマルに留学りゅうがく。99ねん帰国きこくし、本格的ほんかくてきなソロ活動かつどうはじめる。以降いこう国内外こくないがいでコンサート活動かつどう積極的せっきょくてきおこなっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです