メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明星食品

チョコ、ケーキ 変な味焼きそばで最後発が狙うブルーオーシャン

5日に発売される「一平ちゃん夜店の焼きそば ショートケーキ味」=東京都千代田区で2016年11月30日、増田博樹撮影

 明星食品(東京都渋谷区)が5日にカップ焼きそば「一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」を全国で発売する。11月下旬の発表以降、謎の味をめぐってネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。ショートケーキ味は、今年1月に発売された「チョコソース」味に次ぐ“変な味”シリーズの第2弾。常識はずれの味の焼きそばに同社を駆り立てるものは一体何なのだろうか。【増田博樹/デジタル報道センター】

 同社が掲げる大方針は、カップめんの季節商戦への参入だ。スーパーは季節の催事に合わせて目立つ場所で大量陳列をするが、カップめんは縁が薄く商機をつかみきれていない。そこで昨年夏に、「一平ちゃん夜店の焼そば」の「蒲焼(かばやき)のたれ味」を、同年冬にはクリスマス向けに「フライドチキン味」をそれぞれ投入し、季節商戦に本格参入した。ここまでは経営戦略としても、焼きそばの味としても常識的な範囲だろう。

 しかし、並行して“暴走”が始まっていた。

この記事は有料記事です。

残り3072文字(全文3483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです