メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
ニッポン瞬・彩

「兄弟ワッショイ」男たちの荒祭り(山口県防府市)

[PR]

 西日本屈指の荒祭りで知られる山口県防府市、防府天満宮の「御神幸祭(ごしんこうさい)」。数千人の裸坊(はだかぼう)たちが集い、「兄弟ワッショイ!」の掛け声とともに500キロの御網代(おあじろ)が58段の大石段を滑り下りる。地元のフリーカメラマン、原伸二郎さん(45)の写真・キャプションで、1011回目を数えた2014年11月22日の熱気をお届けする。

写真・キャプション 原伸二郎

祭りに参加するのは「裸坊」と呼ばれる男たち。この日だけは年齢も上下関係もなく、みな兄弟。白装束にサラシを巻くとき、男から男へ気合の伝授が行われる。各地域や団体が神輿(みこし)を担いで防府市内を練り歩き、防府天満宮に奉納する

防府生まれの男子なら、一度は参加させたいと思うのが親心。小さな体に巻いたサラシ姿は、まだ可愛らしく頼りないが、親からしてみれば誇らしく思える瞬間だ。近い将来、神輿の担ぎ手として参加してほしいと願う

防府市内を練り歩く途中、神輿は各地で商店に立ち寄り、商売繁盛を願って回る。15キロ近く練り歩く団体もあり、市内のあちこちで「兄弟ワッショイ!」の声が響き渡る

道中、各所で酒や食事のふるまいを受けながら防府天満宮へ向かう。母親のような愛情がたっぷり注ぎ込まれた温かい汁は、疲れた体に染みわたり、さっきまで威勢のよかった裸坊たちが少し静かになり、その顔から笑みがこぼれる

防府天満宮への階段を一気に駆け上がる。立ち止まることはできない激走。日が暮れるまで続々と神輿が走り、境内には徐々に祭りの熱気が渦巻き始める

御神幸祭はかつて、一般庶民には許されない神事だった。どうしても奉仕したいという者は、清浄なる証しとして裸になって潔斎すれば許されたといわれる。現在は奉納やお参りでも潔斎してもらえるので、裸坊として参加できない女性や観光客にも人気である

「兄弟ワッショイ!」の掛け声で境内の熱気は最高潮になり、午後6時の合図とともに裸坊たちが一斉に拝殿に飛び込む。先頭神輿、第二神輿、そして御網代が運び出されると、歓喜の声に包まれる

「防府の男ならしっかりその目に焼き付けて、いつかあの場所に立ってほしい」と願う父子の肩車姿。子供には何よりも安心できる場所だ。かつての自分もあそこにいたことを思い出し、夢中でシャッターを切る

参拝者の見守る中、500キロの御網代が大石段を滑り下りる。「兄弟ワッショイ!」の掛け声と怒号が飛び交い、1段下りるごとに歓声がわき起こる。最も危険で荒々しい光景は、見る者すべてを魅了し、興奮させる……「これが祭りだ!」

大石段を下りた御網代は、台車に仕立てられ、勝間浦の御旅所(おたびしょ)に向かう。階段下で待っていた参拝者にとって、ようやく御網代にお目にかかれる瞬間だ。カメラのフラッシュと歓声と拍手が一体となり、神々しさがより一層増した気がする

勝間浦まで、先頭神輿、第二神輿、御網代が御神幸の列に加わり、約2.5キロの道のりを裸坊たちと共に向かう。ちょうちんの明かりが幻想的な光景を作り出し、先ほどまでの騒がしさがうそのような静かな道中となる

京都から太宰府に流された菅原道真公が、ここで地元の人たちに接待を受けたことにならい、神事と接待が行われる。普段は何もない場所が、このときだけは荘厳な雰囲気となる。裸坊たちは少し休憩して、天満宮までの御帰還に備えて英気を養う

御旅所から戻った御網代は、大石段を上がり、拝殿に納められる。500キロの重さを人の力だけで押し上げるのは、一筋縄ではいかない。何度も何度も押して、少しずつ上がっていく。境内に集まった裸坊と参拝者の心が一つとなり、その応援の声に励まされ、裸坊たちは最後の力を振り絞る

御帰還後、神事を終えた御網代は奉安され、参拝者も触れられるようになる。下をくぐることでご加護をいただき、ご利益があるといわれている。こうして御神幸祭は幕を閉じた。シャッター越しに触れた熱い空気は、また来年もここに来ることを決心させてくれた

撮影者の横顔

 原伸二郎(はら・しんじろう) 1971(昭和46)年5月、山口県防府市生まれの45歳。フリーカメラマン。祭りやスポーツイベント撮影のほか、風景をバックに走る自分自身をセルフタイマーで撮影する「RUN撮り」を山口県内各地で敢行、写真展も開催した。防府天満宮「御神幸祭」は幼いころから身近な祭りで、「裸坊が一日、街を練り歩く特別な日。怒号とともに御網代が大石段を下りるときがクライマックス。祭りの神髄に触れる瞬間だ」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです