メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

チョウザメ養殖に取り組む 熊谷仁志さん /愛知

熊谷仁志さん

豊根をキャビアの産地に 熊谷仁志さん(57)

 豊根村の山あいに、大きな養殖用のいけすが並ぶ。「この中は雌ばかりです」。チョウザメを大きなタモですくいあげ、見せてくれた。将来は、魚卵を採って塩漬けし、世界三大珍味の一つとされるキャビアをつくる夢を持っている。

 2011年、村の職員と村おこしについて「起爆剤になるような、高級感あふれる地元の特産品をつくろう」と話し合っていた時に「キャビアならできるのでは」と思い付いた。若い頃から長年、川魚のアマゴの養殖経験があった。アイデアは、村の「起業家支援事業補助金」の第1号として採用され、事業は始まった。

 休耕田にいけすをつくり、沢から水を引いた。しかし、1年目は「こてんぱんにやられた」という。稚魚10…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです