メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

組み合わせ抽選会 大分舞鶴高まる闘志 28日、茨城・茗渓学園と対戦 /大分

抽選結果を聞き、花園に向けて気合を入れ直す大分舞鶴ラグビー部の選手ら

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。県代表の大分舞鶴(31年連続55回目)は28日午後1時55分、東大阪市の花園ラグビー場の第1グラウンドで、茨城県代表の茗渓(めいけい)学園と対戦することが決まった。【安部志帆子】

 茗渓学園は5年連続22回目の出場。昭和天皇が崩御して決勝が中止になった1989年に、2校優勝の形で優勝経験がある。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです