メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
けいざい・因数分解

87社 2016年の国内新規株式上場 「質と量」の両立必要

 2016年に国内で株式を新たに上場した企業は87社(予定も含む)と15年から11社減り、前年実績を7年ぶりに下回ることになった。企業が上場するかどうかは景気や株価に左右されやすい。今年は、英国の欧州連合(EU)離脱問題などで株式市場が一時混乱したことが響いた。

 また、上場する企業は創業から日が浅いベンチャーが多いため、経営体制がしっかりせず、上場直後に業績見通しを大きく引き下げるケースが相次いで、株式を買う投資家に不信感が広がった。こうした問題を防ごうと、証券取引所や証券会社が上場前の審査を厳しくしたことも反映された。

 新規上場とは企業が自社の株式を証券取引所で広く売買できるようにすること。英語の頭文字から「IPO(…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1709文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです