メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

87社 2016年の国内新規株式上場 「質と量」の両立必要

 2016年に国内で株式を新たに上場した企業は87社(予定も含む)と15年から11社減り、前年実績を7年ぶりに下回ることになった。企業が上場するかどうかは景気や株価に左右されやすい。今年は、英国の欧州連合(EU)離脱問題などで株式市場が一時混乱したことが響いた。

 また、上場する企業は創業から日が浅いベンチャーが多いため、経営体制がしっかりせず、上場直後に業績見通しを大きく引き下げるケースが相次いで、株式を買う投資家に不信感が広がった。こうした問題を防ごうと、証券取引所や証券会社が上場前の審査を厳しくしたことも反映された。

 新規上場とは企業が自社の株式を証券取引所で広く売買できるようにすること。英語の頭文字から「IPO(…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです