メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ミツカン 商標出願、先越されマーク誕生

ミツカンマークをあしらった穀物酢=ミツカン提供

 「味ぽん」などの調味料で知られる「ミツカン」(愛知県半田市)。ルーツは江戸時代に造り酒屋から分家し、新たな家業として酢の醸造を始めた1804(文化元)年にさかのぼる。酒かすを使った酢が評判になり、江戸で流行していた握りずしの店に供給するようになった。

 ミツカンのブランドが誕生したのは明治維新後、4代目当主・中埜(なかの)又左衛門の時代。1884年に商標条例が公布され、商標を独占する場合は登録が必要になったことがきっかけだ。当時、酢の醸造業者の多くが「酢屋勘次郎…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです