メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ミツカン 商標出願、先越されマーク誕生

ミツカンマークをあしらった穀物酢=ミツカン提供

 「味ぽん」などの調味料で知られる「ミツカン」(愛知県半田市)。ルーツは江戸時代に造り酒屋から分家し、新たな家業として酢の醸造を始めた1804(文化元)年にさかのぼる。酒かすを使った酢が評判になり、江戸で流行していた握りずしの店に供給するようになった。

 ミツカンのブランドが誕生したのは明治維新後、4代目当主・中埜(なかの)又左衛門の時代。1884年に商標条例が公布され、商標を独占する場合は登録が必要になったことがきっかけだ。当時、酢の醸造業者の多くが「酢屋勘次郎…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです