メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シングル

動線上を「ついで掃除」

用意しておきたい道具、格好

 あっという間に12月。大掃除をどうしようかと頭を悩ませている人も多いのでは。年末にまとめて家中の汚れを落とすよりも、今から普段の生活に一手間加えることで今年はラクをしてみませんか? 清掃のプロに、初心者向けのコツを聞きました。

 ●ごみ袋を持ち歩く

 教えてくれるのは「掃除は『ついで』にやりなさい!」(主婦と生活社)の著者、新津春子さん(46)。羽田空港の設備保全会社「日本空港テクノ」で清掃員の指導に当たる環境マイスターだ。生活動線に沿った効率のいい「ついで掃除」を勧める。

 1人暮らしなら、絶対に掃除したいのは日ごろ目に付く玄関、トイレ、キッチン。余裕があればベランダも。…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1202文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです