メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

『カラー版 音楽で楽しむ名画』=加藤浩子・著

 (平凡社新書・1058円)

 「絵画と音楽は、コインの表と裏です」。本書の冒頭、著者はこう端的に記す。二つの芸術は手に手を取り合い、互いに影響を与えながら傑作の数々を生んできた。

 例えば、ギュスターヴ・モローが描いた「出現」のなまめかしいサロメの姿は、オスカー・ワイルドに戯曲を書かせ、そこからリヒャルト・シュトラウスのオペラが生まれた。

 一方、グスタフ・クリムトはベートーベンの第九交響曲の「歓喜の歌」から着想を得て、装飾壁画「楽園の天使たちの合唱」を制作、至高の愛の喜びを官能的に表現した。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです