メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『松田さんの181日』 著者・平岡陽明さん

平岡陽明さん

 (文藝春秋・1750円)

手描きで目指す通俗小説 平岡陽明(ひらおか・ようめい)さん

 オール讀物新人賞を2013年に受賞した表題作を含む6編を収めた短編集。本書に先立つこと4カ月、今年7月に刊行された『ライオンズ、1958。』(角川春樹事務所)でデビューすると、好意的な書評が相次いだ。今、注目の新人だ。

 前作は高度成長一歩手前、まだ戦争の記憶が強く残る時代、3連覇がかかる西鉄ライオンズの日本シリーズを…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです