メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

グランドスラム東京 永瀬堂々、銅の意地

レサーを攻め、寝技に持ち込む永瀬=東京体育館で2016年12月3日、猪飼健史撮影

 柔道のグランドスラム東京大会は第2日の3日、東京体育館で男女4階級が行われた。男子81キロ級はリオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)が2年ぶり3回目の優勝。同73キロ級は橋本壮市(パーク24)が日本人対決を制し、初優勝を果たした。

 女子70キロ級も11月の講道館杯を制した新添左季(山梨学院大)が前回覇者の新井千鶴(三井住友海上)を破って初優勝した。

 同63キロ級はリオ五輪金メダルのティナ・トルステニャク(スロベニア)を準々決勝で破った嶺井美穂(桐…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです