メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

永瀬V、五輪銅の意地…グランドスラム東京

レサーを攻め、寝技に持ち込む永瀬=東京体育館で2016年12月3日、猪飼健史撮影

 柔道のグランドスラム東京大会は第2日の3日、東京体育館で男女4階級が行われた。男子81キロ級はリオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)が2年ぶり3回目の優勝。同73キロ級は橋本壮市(パーク24)が日本人対決を制し、初優勝を果たした。

 女子70キロ級も11月の講道館杯を制した新添左季(山梨学院大)が前回覇者の新井千鶴(三井住友海上)を破って初優勝した。

 同63キロ級はリオ五輪金メダルのティナ・トルステニャク(スロベニア)を準々決勝で破った嶺井美穂(桐…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです