メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集う@あいち

堀川1000人調査隊2010 水質浄化、行政と二人三脚 市民目線の蓄積データ4000件 /愛知

堀川周辺で行われた一斉大掃除。堀川1000人調査隊を含め、多くの市民が参加した=名古屋市北区で

 名古屋市内を流れる堀川について、同市の浄化施策の効果を市民団体の立場から検証し、その結果をまた施策に反映させる--。行政との二人三脚の活動サイクルを確立したことが評価され、今年度の水資源功績者として国土交通省から表彰された。

 堀川の浄化などを目指し、2007年に発足した。川の定点観測などをする隊員数は当初の2260人から、今年9月時点で約5万3400人に増えた。川の透明度や臭い、生物の生息数などに関するデータを丹念にまとめ、蓄積は4000件超に上るという。

 実行委員会の服部宏事務局長は「調査テーマを強制せず、隊員の自主性を重視している。ゆるやかなつながり…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです