メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/27 藤本酒造 神が開いた酒造りの道 /滋賀

「神開」を手に「とにかくうまい」と語る藤井輝男さん=京都市中京区の津之喜酒舗で、山本直撮影

 「だまされたと思って飲んでくれ。そして覚えてくれ。必ず世に出る酒だから」--。国内外の観光客でごった返す京都・錦市場。その真ん中で200年前から続く酒販店「津之喜酒舗」の店主、藤井輝男さん(50)が取引先に「神開(しんかい)」を勧める時の決めゼリフだ。

 全国の地酒が並ぶ店内を見回すと、藤本酒造の「神開」は、滋賀から一足早く全国に知られた「松の司」や「七本鎗(しちほんやり)」「不老泉(ふろうせん)」と並んで目立つ位置を占めていた。「とにかく、うまい。それに、この蔵は打てば響く。全部買うからうちのために一タンク造ってくれ、と言いたくなる」。藤井さんの言葉に一層力がこもった。

 藤本酒造は江戸時代中期の創業で、家督についての古文書も多く残る。当初は「宝一(たからいち)」という清酒を造っていたが、あまり上質ではなかったらしい。困り果てた当主が蔵の東にある山村神社で占ってもらうと、「井戸を掘れ」との神託が下った。その通りにすると、周辺と比べようもないほど質の良い水が湧き、うまい酒ができた。神が開いた井戸の水で醸す酒。だから「神開」。以来、藤本酒造は井戸を掘り当てた明和3(1…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです