メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介助犬セミナー

共生へのドア開け 補助犬法に理解を 神戸 /兵庫

介助犬を通して多様性社会のあり方を考えた特別セミナー=神戸市中央区の神戸大医学部神緑会館で、釣田祐喜撮影

 介助犬を通して多様性社会のあり方を考える特別セミナー(神戸大医学部付属病院など主催)が4日、神戸市中央区の神戸大医学部神緑会館であった。日本介助犬協会関係者の他、介助犬シンシアとともに国会に法整備の要望を続けた車椅子の障害者、木村佳友さんらが登壇。介助犬と、その使用者の社会参加などについて意見を交わした。【釣田祐喜】

 手足が不自由な人をサポートする介助犬は、2002年に成立した身体障害者補助犬法で、障害者の社会参加…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文777文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです