メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
タイ人留学生

ほっこり日本の初冬 2人体験、庄原市民がおもてなし 雪やこたつに目を輝かせ /広島

日本のこたつを体験するヨッドゥシンさん(左から3人目)とケーカムさん(右から2人目)=広島県庄原市の国営備北丘陵公園で、岡本幸信撮影

 タイ・バンコクから県立広島大庄原キャンパスに留学していた女子大学院生2人が、庄原市民のおもてなしを受けて一足早い日本の初冬を体験した。初めての雪やこたつに目を輝かせ、思い出を胸に3日、庄原をたった。

 2人の留学生は、いずれもバンコク・コンケン大大学院生のナットアノン・ヨッドゥシンさん(30)とカランヤ・ケーカムさん(25)。しょうばら国際交流協会は地域の国際化と相互理解を深めるため、年20~30人の留学生を同市に迎え入れている。2人は今年6月から、微生物学の研修に来ていた。

 同協会は先月10日、思い出づくりとして、2人を同市比和町の吾妻山登山に誘った。折しも寒冷前線が南下…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです